オスグッド病の治療法・治し方

【オスグッド病の治療法・治し方】

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

オスグッド病の治療法・治し方の解説

 オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。

 オスグッド病は主に
●成長期の子供
 に多く発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々あります。

 しかし、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。

脛骨・腓骨の図

 これは、そもそも成長痛という言葉の定義が明確に定められていない点もありますが、オスグッドは脛骨粗面への牽引が要因となって脛骨の一部が剥がれてしまったり、大きく隆起し変形してしまうことがあるれっきとした骨の障害であるためです。

 オスグッドで子供が痛みを訴える場所は、膝のお皿(膝蓋骨)がある下の部分から脛の付着部位である脛骨粗面にかけての比較的狭いエリアが中心です。

 炎症の症状によって痛みを感じる範囲は膝周り全体に及ぶケースもありますが、実際に炎症や骨の剥離、そして剥離した骨の遊離が発症するのは脛骨粗面から膝蓋骨にかけてのエリアであることをまず把握しておきましょう。

オスグッド病の治療法・治し方の解説

 オスグッドは症状が発症したばかりの初期段階において治療をしっかり行うことができた場合は、ほぼ確実に手術も必要とせず、後遺症などを残すこともなく完治していきます。

 発症年齢に関しては男女差はありますが、男子の場合は16歳程度まで、女子の場合は14歳〜15歳程度までの期間に9割以上の子供がオスグッド病の症状が治まり日常生活やスポーツ活動に復帰することが可能です。

オスグッド病の治療法・治し方の解説(メニュー)

記事一覧

【オスグッド病って何だろう?】
 オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症する基本的にはスポーツ障害として認識されております。

 オスグッドシュラッター氏が発見した障害であることからこの病名となっており
●オスグッド病
●オスグッドシュラッター病
●オスグットシュラッテル病
◆オスグッド病って何だろう?⇒続きを見る


【オスグッド病と成長痛の違い】
 オスグッド病の症状は主に成長期に発症することから、オスグッド病を成長痛として認識されている方が非常に多くいます。

 しかし、オスグッドと成長痛は、その症状の発症原因から区別して認識する事が大切です。

 成長痛は、現在の医学では明確に原因が解明されていない障害のひとつです。
◆オスグッド病と成長痛の違いについて⇒続きを見る


【オスグッド病の発症原因】
 オスグッド病の発症原因は、骨の成長と、筋肉などの組織の成長が関与していると考えられております。

 成長期の子供は急速に骨が成長しますが、その骨の成長速度に
●筋肉や腱の成長
 が追いつかない事も原因のひとつとして考えられます。
◆自オスグッド病の発症原因について⇒続きを見る


【オスグッド病を発症しやすいスポーツ競技】
 オスグッド病は脛骨粗面(けいこつそめん)の膝蓋腱(しつがいけん)との付着部位に
●炎症
●剥離
 などの症状を発症する障害です。
◆オスグッド病を発症しやすいスポーツ競技⇒続きを見る


【発症年齢・発症傾向】
 オスグッド病の発症年齢は主に
●10〜15歳の成長期
 に多く発症します。

 この成長期の子供に多く発症する原因として考えられるのは
●脛骨粗面の骨端線
 が成長過程にあることが主な原因として考えられます。
◆発症年齢・発症傾向について⇒続きを見る


【オスグッドバンドとは?】
 小学生や中学生の男子のバレーボールやバスケットボール、サッカーなどの大会の会場では、オスグッド病を発症した子供が、膝の周りに特殊なバンドをはめて試合をしているケースをよく見かけます。

 あのバンドはオスグッドバンドと呼ばれる装具で、大腿四頭筋と膝蓋腱の牽引作用の働きを提言させる効果をもつオスグッド専用の装具です。
◆オスグッドバンドとは?⇒続きを見る


【オスグッド病の症状の特徴】
 オスグッド病を発症した歳の症状の特徴についてチェックしていきましょう。

 まずオスグッド病の症状として代表的な症状の特徴としては
●運動時に強い痛みを発症する
●膝の下部(脛骨粗面)に腫れがみられる
◆オスグッド病の症状の特徴について⇒続きを見る


【オスグッド病の治療方法】
 オスグッド病を実際に発症してしまった場合の治療方法についてチェックしていきましょう。

 オスグッド病の治療では基本的に手術療法を行う事はありません。

 近年の医療では、できる限り幼少期における治療において手術療法は負担が大きいため保存療法や装具療法で治療をしていくのが基本となっているためです。
◆オスグッド病の治療方法⇒続きを見る


【サポーター利用の注意点】
 非常に類似した自覚症状を発症する首の病気に
●肩凝り症
 という病気があります。
 肩こり症は、医学的な正式名称ではありませんが、多くの人の悩みの原因である非常に多発する病気のひとつです。
◆サポーター利用の注意点について⇒続きを見る


【リハビリとストレッチのポイント】
 オスグッドの治療、応急処置後の流れを順に見ていきましょう。

 治療開始後炎症が治まり始めたら、軽いリハビリを開始します。

 このリハビリ期には幾つかのポイントを抑えながら優先順位を明確に定めた上でリハビリを遂行していくことが大切です。
◆リハビリとストレッチのポイント⇒続きを見る


【指導者が把握すべきこと】
 小学校や中学校のクラブ活動の顧問の方の場合は、この成長期に発症しやすい障害について正しい知識を把握しておくことは非常に大切です。

 オスグッド病は症状を発症していても、骨折などと異なりある程度動くことも可能な疾患です。

 その為、症状が激しく悪化してしまうまで、運動を継続させてしまうケースも考えられる範囲です。
◆指導者が把握すべきこと⇒続きを見る



サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー
オスグッド病の治療法・治し方