オスグッド病の治療法・治し方

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

【オスグッド病を発症しやすいスポーツ競技】

大腿四頭筋の収縮動作

 オスグッド病は脛骨粗面(けいこつそめん)の膝蓋腱(しつがいけん)との付着部位に
●炎症
●剥離
 などの症状を発症する障害です。

 その為、膝蓋腱を介して脛骨を引っ張る動作に関与する
●大腿四頭筋の収縮動作
 を繰り返すスポーツ競技がオスグッドを発症する可能性の高い競技であると言えます。

ジャンプ動作・ダッシュ動作

 大腿四頭筋の伸縮動作の中で継続的に繰り返される可能性が高い動作には実際にどのような動作があるでしょうか?

 ここでは具体的な運動、動作についてチェックしていきましょう。  最も強く筋肉の伸縮が発揮される動作を具体的に考えてみると
●ジャンプ動作
●ダッシュ動作
 などの動きを頻繁に繰り返し求められるスポーツ競技に発症する可能性が最も高いと言えます。

 具体的にこれらの動作を踏まえ、ジャンプ動作やダッシュ動作が繰り返されるスポーツ競技を見ていくと
●バスケットボール
●バレーボール
●テニス
●サッカー
●ハンドボール
●陸上競技
 などがオスグッド病を発症する可能性が高いスポーツ競技と考える事が出来ます。

 尚、実際にこれらのスポーツ競技を実践している子供はオスグッドを発症しやすい傾向にあるのも事実です。

 もし自分の子供が膝の下に痛みを感じており、上記のスポーツ競技をしているようであれば一度オスグッド病の可能性を検討し病院の診察を受けることが重要です。