オスグッド病の治療法・治し方

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

オスグッドバンドの効果とは?

 小学生や中学生の男子のバレーボールやバスケットボール、サッカーなどの大会の会場では、オスグッド病を発症した子供が、膝の周りに特殊なバンドをはめて試合をしているケースをよく見かけます。

 あのバンドはオスグッドバンドと呼ばれる装具で、大腿四頭筋と膝蓋腱の牽引作用の働きを提言させる効果をもつオスグッド専用の装具です。⇒大腿四頭筋と膝蓋腱の構造図参照

 膝の正面にある膝の皿のすぐ下の部分にある程度の圧力をかけてバンドをはめ込むことで、脛骨粗面に加わる膝蓋腱の牽引の働きをダイレクトに伝えずに力を緩和した状態で運動が可能となっている点がオスグッドバンドの最大の特徴です。

 オスグッドバンドを使用すると、普通に走ることを痛がっていたアスリートが思っている以上に運動を実践することができるようになります。

 しかし、このオスグッドバンドによる痛みの緩和は、一時的に牽引作用を弱めているために痛みを生じていないのであって、実際に症状を改善させているわけでは当然ありません。

 大切なゲームや大会の場面では、オスグッドバンドを使用してでも試合に出たい場面もあるでしょう。

 この場合はできる限り担当の医師と相談し、試合への参加が可能かどうか確認を行った上で試合に挑むようにするのがベストです。

バンドの装着による運動パフォーマンスの低下

 オスグッドバンドは大腿四頭筋が縮む際に膝蓋腱を通じて脛骨粗面に負荷を軽減する働きをもつバンドです。

 付着している腱の働きを抑制させると言うことは、本来の筋力やパフォーマンスを十分に発揮することができない状態であることも意味しております。

 その為、もし自分の子供がオスグッドバンドを装着し、痛みが耐えられるようになったとしても実際の競技パフォーマンスはいつもよりも若干低下するものであることを事前に把握しておくことも重要です。

 痛みを緩和させる方法としては、このようなオスグッドバンドの使用の他、試合当日のみ痛み止めの注射を打つなどの方法もあります。

 実際に小学生の子供が試合に出場するために痛み止めの注射を行うようなことはまずありませんし推奨できません。

 しかし余談ではありますが、オリンピック選手などはこのように痛み止めの注射を打ってでも試合に出るアスリートが実際に多くいるのも現状です。