オスグッド病の治療法・治し方

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

【オスグッド病の症状の特徴について】

オスグッドの症状の特徴

 オスグッド病を発症した歳の症状の特徴についてチェックしていきましょう。

 まずオスグッド病の症状として代表的な症状の特徴としては
●運動時に強い痛みを発症する
●膝の下部(脛骨粗面)に腫れがみられる
●膝の下部(脛骨粗面)に熱感がみられる
 などの症状がみられるのが特徴です。

 運動時に強い痛みを発症するケースでは既にオスグッド病が発症している段階で、運動などによる刺激によって患部の炎症が大きくなるために痛みを発症するようになるケースです。

 また脛骨粗面がぼっこりと腫れ上がった状態に見えるケースや、膝のお皿の下から膝の周辺にかけて熱感を感じるようになるのもオスグッドの代表的な特徴のひとつと言えます。

両足同時に発症するケース

 オスグッド病を発症する子供の多くは膝の両側に同時に症状を発症する事は非常に稀で、大半のケースは片方の膝下に症状を発症します。

 なんとなく「びっこを引くようなしぐさ」を確認できるようなケースでは無意識に片足を軽く引きずって歩くような動作をするため成長期の子供の場合はオスグッドの可能性がないかどうかを検討していくことが非常に重要です。

 尚、初期症状では、運動時以外は痛みを生じる事が少なく、発見が遅れるケースが多いのもオスグッド病の特徴のひとつでもあります。