オスグッド病の治療法・治し方

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

練習日から子供の変化をチェック

 小学校や中学校のクラブ活動の顧問の方の場合は、この成長期に発症しやすい障害について正しい知識を把握しておくことは非常に大切です。

 オスグッド病は症状を発症していても、骨折などと異なりある程度動くことも可能な疾患です。

 その為、症状が激しく悪化してしまうまで、運動を継続させてしまうケースも考えられる範囲です。

 普段の練習日から足を引きずるような不自然な動きをしている部員がいないかどうか?

 また、運動能力が明らかに低下しているように見える児童がいないかどうか?は常に意識してチェックしておく必要があります。

早期発見・早期治療で適切な対処を

 子供によって当然個人差はありますが、症状がある程度悪化し、明らかに痛みを感じているにもかかわらず症状を訴えてこなかったり、我慢しながら練習や試合を継続し続ける子供も中にはいるでしょう。

 ようやくレギュラーをとれたばかりの選手や、世代交代で自分たちの代となり責任を感じている時などは、このようにいつもよりも我慢し続けてしまう傾向が見られるのも事実です。

 オスグッド病はスポーツ障害の一種でもあり正しい治療が求められる炎症性の疾患で、あまりにも悪化してしまった場合は最終的に手術に至る可能性を持つ疾患でもあります。

 当サイトでは原則手術は行うものではないと解説してきましたが、剥離した骨が膝蓋靭帯に癒着してしまっていたり、遊離した骨辺が移動し他の筋肉の働きを妨害しているようなケースではやはり手術による摘出が必要となるケースも出てきます。

 オスグッド病は早期発見、早期治療の2点がなされれば手術に至る前にほぼ確実に完治できる疾患でもある為、ゆとりを持ってこの病気と付き合っていくことが重要なのです。