オスグッド病の治療法・治し方

オスグッド病の治療法について:本サイトではオスグッドシュラッター病の症状、治療方法、サポーターに関する情報を専門に解説しております。オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症するスポーツ障害として認知されております。成長期の子供に発症する事から、成長痛と認識されるケースも多々ありますが、オスグッド病は厳密には成長痛とは異なる点を把握しておく必要があります。オスグッド病による膝の痛みに現在お悩みの方、またオスグッド病をお調べの方のご参考になれば幸いです。

オスグッド病の治療法・治し方【サイトマップ】

◆オスグッド病とは?

 オスグッド病とは、主に成長期の子供に発症する基本的にはスポーツ障害として認識されております。

 オスグッドシュラッター氏が発見した障害であることからこの病名となっており
●オスグッド病
●オスグッドシュラッター病
●オスグットシュラッテル病
 など様々な呼び名がされておりますが、どれも同一の障害…

⇒続きを見る


◆子供の骨はまだ軟骨組織が多い

 オスグッド病は成長期の子供に発症する障害であることから、一般的には「成長痛」のひとつとして扱われるケースも多くあります。

 成長痛とは、主に第二次性長期を迎えた子供が、成長ホルモンの分泌量が増加し、急激に身長が伸びたり骨格筋の筋力が強くなるなどの変化によって人体の各部位に痛みを生じる障害の総称ですから、オスグッドは成長痛ととらえてもなんら問題はありません。

 オスグッドのメカニズムは、主に下腿の伸展運動を行う際に強い筋力を発揮する大腿四頭筋の働きによります。

 大腿四頭筋から膝関節をまたいでつながる脛骨の前面部分へ負荷(牽引作用)が加わる通常の流れが、まだ成長期にある軟骨組織…

⇒続きを見る


◆同じ膝の痛みでも症状は大きく異なる

 オスグッド病の症状は主に成長期に発症することから、オスグッド病を成長痛として認識されている方が非常に多くいます。

 しかし、オスグッドと成長痛は、その症状の発症原因から区別して認識する事が大切です。

 成長痛は、現在の医学では明確に原因が解明されていない障害のひとつです。

 成長痛として膝が痛む場合の原因は骨の先端の軟骨部分に炎症を生じるなどが原因と考えられておりますが…

⇒続きを見る


◆膝の炎症や骨の隆起が確認される

 特にスポーツをしているわけでもない成長期の子供が成長痛を訴えるケースでは、ある1日だけ激しく膝に痛みを生じ、その後何ヶ月も痛みを生じないなどの突発的な痛みを体感する子供も多くいます。

 これは突発的な炎症の発症によるものであるのか?もしくは心意性のものであるのかはまだ解明できていない分野です。

 このような成長痛に対し、オスグッド病は、
●繰り返しの負担や、牽引作用
 が働く事によって生じる炎症性障害と考えられております。

 オスグッド病の場合はレントゲン写真などでもある程度骨の隆起や炎症反応を確認することができます。

 オスグッド病の炎症の発症部位は…

⇒続きを見る


◆骨の成長と筋肉の成長

 オスグッド病の発症原因は、骨の成長と、筋肉などの組織の成長が関与していると考えられております。

 成長期の子供は急速に骨が成長しますが、その骨の成長速度に
●筋肉や腱の成長
 が追いつかない事も原因のひとつとして考えられ…

⇒続きを見る


◆筋力が強すぎるケースも原因となりうる

 オスグットの発症原因は、脛骨粗面への牽引作用のほか、筋肉や腱の成長が追いついてこないケースが原因となっている可能性がある点は前項でお話したとおりです。

 また逆に、成長期の子供で必要以上に筋力が強くなりすぎているようなケースでも、オスグッドを発症する可能性があります。

 これは大腿四頭筋の筋力が強くなり筋肉が収縮する筋出力も高くなることによって牽引にかかる負荷も増大…

⇒続きを見る


◆大腿四頭筋の収縮動作

 オスグッド病は脛骨粗面(けいこつそめん)の膝蓋腱(しつがいけん)との付着部位に
●炎症
●剥離
 などの症状を発症する障害です。

 その為、膝蓋腱を介して脛骨を引っ張る動作に関与する…

⇒続きを見る


◆ジャンプ動作・ダッシュ動作

 大腿四頭筋の伸縮動作の中で継続的に繰り返される可能性が高い動作には実際にどのような動作があるでしょうか?

 ここでは具体的な運動、動作についてチェックしていきましょう。  最も強く筋肉の伸縮が発揮される動作を具体的に考えてみると
●ジャンプ動作
●ダッシュ動作
 などの動きを頻繁に繰り返し求められるスポーツ競技に発症する可能性が最も高いと言えます。

 具体的にこれらの動作を踏まえ、ジャンプ動作やダッシュ動作が繰り返されるスポーツ競技を見ていくと
●バスケットボール
●バレーボール
●テニス
●サッカー
●ハンドボール
●陸上競技
 などがオスグッド病を発症する可能性が高いスポーツ競技と考える事が出来ます。

 尚、実際にこれらのスポーツ競技を実践している子供はオスグッドを発症しやすい傾向にあるのも事実…

⇒続きを見る


◆10~15歳の成長期に多く発症

 オスグッド病の発症年齢は主に
●10~15歳の成長期
 に多く発症します。

 この成長期の子供に多く発症する原因として考えられるのは
●脛骨粗面の骨端線
 が成長過程にあることが主な原因として考えられます。

 成長期の子供の骨端線は成長を続ける限り開いた状態になっております。

 この時期の骨端線は比較的にもろい構造となっておりますから、過度の負担を受けると、炎症を発症したり、骨の一部がはがれたりしてしまいます。

 尚、成長期を過ぎると骨の成長も止まり骨端線は徐々に閉じていきますのでオスグッドはほとんど発症…

⇒続きを見る


◆大人(成人)でもオスグッド病になることはあるの?

 オスグッドシュラッターが、第二次成長期を迎えた子供に多く発症するメカニズムに骨端線の状態が大きく関与しているしているのはイメージできてきたと思います。

 では大人(成人)になってからオスグッドの症状を発症するケースもあるのでしょうか?

 この答えは「YES」です。

 成人になってからオスグッド病の症状を発症するケースは実際にいくつものケースが確認されており、その発症原因は成長期を迎える時期に個人差がある点が要因にあると考えられております。

 男性の身長は、第二次性長期に急激に伸びますが、身長が20歳を過ぎても伸び続けるケースもあります。

 これは成長期のスタートや終わりの年齢、時期、期間に個人差があるためで、オスグッド病…

⇒続きを見る


◆オスグッドバンドの効果とは?

 小学生や中学生の男子のバレーボールやバスケットボール、サッカーなどの大会の会場では、オスグッド病を発症した子供が、膝の周りに特殊なバンドをはめて試合をしているケースをよく見かけます。

 あのバンドはオスグッドバンドと呼ばれる装具で、大腿四頭筋と膝蓋腱の牽引作用の働きを提言させる効果をもつオスグッド専用の装具です。

 膝の正面にある膝の皿のすぐ下の部分にある程度の圧力をかけてバンドをはめ込むことで、脛骨粗面に加わる膝蓋腱の牽引の働きをダイレクトに伝えずに力を緩和した状態で運動が可能となっている点がオスグッドバンドの最大の特徴です。

 オスグッドバンドを使用すると、普通に走ることを痛がっていたアスリートが思っている以上に運動を実践することができるようになります。

 しかし、このオスグッドバンドによる痛みの緩和は、一時的に牽引作用を弱めているために痛みを生じていないのであって、実際に症状を改善させているわけでは当然ありません。

 大切なゲームや大会の場面では、オスグッドバンドを使用してでも試合に出たい場面もあるでしょう。

 この場合はできる限り担当の医師…

⇒続きを見る


◆バンドの装着による運動パフォーマンスの低下

 オスグッドバンドは大腿四頭筋が縮む際に膝蓋腱を通じて脛骨粗面に負荷を軽減する働きをもつバンドです。

 付着している腱の働きを抑制させると言うことは、本来の筋力やパフォーマンスを十分に発揮することができない状態であることも意味しております。

 その為、もし自分の子供がオスグッドバンドを装着し、痛みが耐えられるようになったとしても実際の競技パフォーマンスはいつもよりも若干低下するものであることを事前に把握しておくことも重要です。

 痛みを緩和させる方法としては、このようなオスグッドバンドの使用の他、試合当日のみ痛み止めの注射を打つなどの方法もあります。

 実際に小学生の子供が試合に出場するために痛み止めの注射を行うようなことはまずありませんし推奨…

⇒続きを見る


◆オスグッドの症状の特徴

 オスグッド病を発症した歳の症状の特徴についてチェックしていきましょう。

 まずオスグッド病の症状として代表的な症状の特徴としては
●運動時に強い痛みを発症する
●膝の下部(脛骨粗面)に腫れがみられる
●膝の下部(脛骨粗面)に熱感がみられる
 などの症状がみられるのが特徴です。

 運動時に強い痛みを発症するケースでは既にオスグッド病が発症している段階で、運動などによる刺激によって患部の炎症が大きくなるために痛みを発症するようになるケースです。

 また脛骨粗面がぼっこりと腫れ上がった状態に見えるケースや、膝のお皿の下から膝の周辺にかけて熱感を感じるようになるのもオスグッドの代表的な特徴…

⇒続きを見る


◆両足同時に発症するケース

 オスグッド病を発症する子供の多くは膝の両側に同時に症状を発症する事は非常に稀で、大半のケースは片方の膝下に症状を発症します。

 なんとなく「びっこを引くようなしぐさ」を確認できるようなケースでは無意識に片足を軽く引きずって歩くような動作をするため成長期の子供の場合はオスグッドの可能性がないかどうかを検討していくことが非常に重要です。

 尚、初期症状では、運動時以外は痛みを生じる事が少なく、発見が遅れるケースが多いのもオスグッド病の特徴…

⇒続きを見る


◆手術療法は原則行わないのが基本

 オスグッド病を実際に発症してしまった場合の治療方法についてチェックしていきましょう。

 オスグッド病の治療では基本的に手術療法を行う事はありません。

 近年の医療では、できる限り幼少期における治療において手術療法は負担が大きいため保存療法や装具療法で治療をしていくのが基本となっているためです。

 稀に、脛骨粗面が大きく剥離してしまい、その剥離した骨が遊離した状態になった場合のみ、摘出手術を行う事もあります。

 しかし、このように手術が必要となるケースは非常に稀…

⇒続きを見る


◆何歳くらいで症状は治まってくるのか?

 オスグッド病は成長期を過ぎると、腱付着部位の炎症や軟骨組織の剥離症状も自然と消えていきます。

 ですから、オスグッド病の治療は
●炎症状態が治まるまで安静
 を保つ自然治癒力を基本とした治療を行っていく事になります。

 炎症が強く、痛みが激しい場合のみ
●非ステロイド系抗炎症剤
 を用いる場合もありますが、これは一時的に炎症を強く押さえつける為の処置にすぎません。

 年齢的には多くのケースで16歳程度からオスグッドの症状を発症する確率は大きく低下し、既に発症していたケースでもこの中学校高学年…

⇒続きを見る


◆膝の痛みが完全にぬける完治を目指す

 オスグッドの治療、応急処置後の流れを順に見ていきましょう。

 治療開始後炎症が治まり始めたら、軽いリハビリを開始します。

 このリハビリ期には幾つかのポイントを抑えながら優先順位を明確に定めた上でリハビリを遂行していくことが大切です。

 リハビリ期は炎症の再発を抑える為に、強い運動は極力控え、まずは完治を目差します。

 サポーターやテーピングを使用しながらの運動療法が基本であることも間違いありませんが、人間の自然治癒能力…

⇒続きを見る


◆治療期間のサポーターは治療効果を半減させる

 オスグッドの再発予防としては脛骨粗面の骨端線につながる膝蓋腱の牽引力を緩和する作用をもつサポーターなどの装着も非常に高価があります。

 但し、これらサポーターは治療期間に用いると、血流を圧迫し治療効果を半減させるので注意が必要です。

 また、少しでも熱感を感じるような時は、これは大事な自覚症状ですからすぐに
●アイシング処置
 を行い患部を冷やし、運動を停止します。

 オスグッドは完全に痛みが引いた後でも、激しい運動を継続するとするに再発をもたらす疾患でもあるため、熱や痛み…

⇒続きを見る


◆大腿四頭筋のストレッチが重要

 オスグッドのリハビリ期のポイントをチェックしていきましょう。

 オスグッド病の回復期に行うリハビリテーションのポイントは
●大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
 の柔軟性のアップが重要なポイントなります。

 これは、大腿四頭筋が脛骨粗面を牽引する作用に直接働きかける筋肉である為です。

 オスグッド病は脛骨粗面が大腿四頭筋の伸縮作用によって膝蓋腱を通じて引っ張られる動作が継続的にかかることによって発症する障害のひとつです。

 これは太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性を向上させる事によって牽引力が緩和…

⇒続きを見る


◆柔軟性の低下現象について

 大腿四頭筋など太もも前面の柔軟性を強化するストレッチは再発の防止にも繋がりますので非常に重要なリハビリテーションと言えます。

 オスグッド病の治療に限る話ではありませんが、正しく現場やスポーツ競技に復帰する際には、低下した筋力を鍛える事だけがリハビリではありません。

 オスグッドの症状を発症した原因がストレッチ不足や柔軟性不足が要因となっている場合は、やはりその根本的な原因から対策を行っていくことが重要となるのです。

 オスグッドのリハビリでは大腿部のストレッチが重要な要素…

⇒続きを見る


◆練習日から子供の変化をチェック

 小学校や中学校のクラブ活動の顧問の方の場合は、この成長期に発症しやすい障害について正しい知識を把握しておくことは非常に大切です。

 オスグッド病は症状を発症していても、骨折などと異なりある程度動くことも可能な疾患です。

 その為、症状が激しく悪化してしまうまで、運動を継続させてしまうケースも考えられる範囲です。

 普段の練習日から足を引きずるような不自然な動きをしている部員がいないかどうか?

 また、運動能力…

⇒続きを見る


◆早期発見・早期治療で適切な対処を

 子供によって当然個人差はありますが、症状がある程度悪化し、明らかに痛みを感じているにもかかわらず症状を訴えてこなかったり、我慢しながら練習や試合を継続し続ける子供も中にはいるでしょう。

 ようやくレギュラーをとれたばかりの選手や、世代交代で自分たちの代となり責任を感じている時などは、このようにいつもよりも我慢し続けてしまう傾向が見られるのも事実です。

 オスグッド病はスポーツ障害の一種でもあり正しい治療が求められる炎症性の疾患で、あまりにも悪化してしまった場合は最終的に手術に至る可能性を持つ疾患でもあります。

 当サイトでは原則手術は行うものではないと解説してきましたが、剥離した骨が膝蓋靭帯に癒着してしまっていたり、遊離した骨辺が移動し他の筋肉の働きを妨害しているようなケースではやはり手術による摘出が必要となるケースも出てきます。

 オスグッド病は早期発見、早期治療の2点がなされれば手術に至る前にほぼ確実に完治できる疾患…

⇒続きを見る